正社員の仕事辞めてとりあえずバイト!?フリーターにならずに済む方法は?

「転職活動の時間取れないから、仕事やめてバイトでもしながら探すか…」「正社員の仕事を辞めてとりあえずバイトでもするか…」とお考えの方へ。フリーターにならずに済む方法は?

あてもなく仕事やめた!次の仕事を探すための転職活動はどうしたら?

 

  • あてもなく仕事を辞めてしまった!
  • とりあえずしばらく無職をエンジョイするか…

 

そう考えている求職者の方は多いかもしれません。

 

特に最近は長時間労働のブラック企業が増えてきています。

在職中に転職活動を行おうとしても、時間的に厳しいので「辞めてから探すか」という感じになってしまう人も多いと思います。

本来は在職中に次を見つけてから辞めるのが理想なんですけどね…。

 

毎日長時間働かされ、休日出勤も得られるような職場ですと、とてもではないですがそこまで気が回りません。

「あてもなくやめてから仕事を探すか」となるのは自然の流れかもしれません。

 

ですが、その後の転職活動はどうしたら良いのでしょうか?

 

貯金がある程度以上にあるのであればいいが…

あてもなく仕事を辞めても、貯金が結構あるのであれば構わないと思います。

自己都合退職でも3ヶ月経てば失業給付がもらえますからね

3カ月間は無収入になってしまいますが、それを過ぎれば一応失業給付がもらえます。

 

ですが失業給付はそれほど長いものではありませんし、退職後は住民税の支払いや国民年金、国保の支払いも待っています。

特に住民税の支払いがネックで、退職後20万円以上や10万円ぐらいの支払いを迫られた…みたいな人も多いです。

まぁこれまでは給料から源泉徴収されていただけで、気づかなかっただけなのですが…。

 

とりあえずは、1ヶ月の生活費を試算してみてください。

それで失業給付が出るまでの期間を凌げるのであれば、とりあえず大丈夫だと思いますが。

住民税の支払いなどにも対応できるようにしておかないとまずいです。

 

「とりあえずバイトでもする」というのはお勧めしない

中には、貯金もなくあてもなく仕事を辞めてしまった人もいるかもしれません。

そういう方の場合、「とりあえずバイトでもしながら転職活動するか」というふうに考えてしまう人も結構いるかもしれません。

ですが、私はそれの経験がありますがあまりお勧めできません。

 

一度フリーターになってしまいますと、フリーター期間が延びてしまいます。

一般的に企業としては、フリーター期間なんて無職をしていたのと同じように扱われてしまいます。

仕事を探す際に不利になることはあれ、有利になることはありません。

 

また、最近はバイトなんて人手不足の会社が多いです。

最初は「週3日のシフトでいいよ」と言われていたとしても、もっとシフトを入れられるようになってしまうに決まっています。

今は本当に、低賃金で待遇の悪いアルバイトなんて、人材が全く集まりませんからね…。

 

その辺の顛末と、フリーターから脱出できた方法についてはこちらで書いていますので、参考にしてください。

⇒正社員の仕事辞めてとりあえずバイト!?フリーターにならずに済む方法は?

 

ゆっくりしたいなら、職業訓練にでも通うのもあり

あるいはもしかしたら、あなたは既に会社員生活に疲れ果ててしまったのかもしれません。

そういった方の場合、「とりあえずあてもなく辞めてしばらくゆっくりするか」と考えがちです。

 

ですが一度だらけてしまうと、社会復帰のためにエンジンをかけるのが難しくなってしまいます。

貯金の目減りも避けられないでしょうし…。

そういう方の場合は、職業訓練校にでも通うといいかもしれません。

 

職業訓練に通えば、

  • すぐに失業給付がもらえる
  • 訓練期間中は休業給付が延長される
  • 規則正しい生活が送れる
  • 資格が取れる可能性がある

などなどのメリットが得られます。

就職に直結するコースも少ないのですが、失業給付関連のメリットと、後は規則正しい生活が行えるのはメリットですね。

 

今あなたはあても無く仕事を辞めて、無職を満喫しているのかもしれませんが。

一度だらけてしまうと昼夜逆転生活になってしまったり、社会復帰が遠のいてしまいます。

正直、あまり一日を有効的に活用できていないのではありませんか?

 

会社を辞めると、毎日朝早く起きて会社に通う必要もなくなります。

そうやって居場所がなくなってしまうと、規則正しい生活が送れなくなってしまうのです。

学校といっても大抵4時くらいには終わりますので、会社で働いているよりは大分ゆとりを持った生活ができます。

 

どうせあても無く無職生活をしていてもダラダラしてしまうだけであれば、こういった所に通うことをおすすめします。

「しばらく無職を満喫するか」という気楽な気持ちであてもなく会社を辞めて、長期無職者になってしまったケースが結構多いですよ。