正社員の仕事辞めてとりあえずバイト!?フリーターにならずに済む方法は?

「転職活動の時間取れないから、仕事やめてバイトでもしながら探すか…」「正社員の仕事を辞めてとりあえずバイトでもするか…」とお考えの方へ。フリーターにならずに済む方法は?

フリーターから抜け出したいが抜け出せない!忙しい中転職活動するには?

 

  • フリーターだけどなかなかこの生活から抜け出せない!
  • 諦めてフリーターに甘んじるしかないのか…

 

そうお悩みのフリーターの方は多いかもしれません。

 

私も一時期フリーターだった期間がありますが、あれは確かに抜け出せなくなりますね…。

正直正社員に比べてぬるま湯ですし、給料は低いもののなんとか生活できてしまうため、なかなか抜け出せない人も多いです。

結婚を諦めるのであれば別にフリーターでも生きていけますからね…。

 

ですがフリーターとなると世間体が悪いですし、なんとか抜け出したい人も多いでしょう。

一体どうしたら良いのでしょうか?

 

最近はフリーターでも長時間働かされる傾向にある

一昔前はフリーターなんて

  • 労働時間が短い怠け者
  • 好きな時だけ働く無責任な奴
  • フラフラしてる奴

なんていう目で見られていたものです。

ですが、最近はアルバイトの人材なんてあまり集まりません。

 

最近は人手不足の会社が増えてきていますし、有効求人倍率も過去最高で高止まりしています。

特にバイトなんてブラック企業が扱いつぶすイメージがありますから、なかなか待遇の悪いバイトなんて人材が集まらないんです。

 

そうなると、企業はフリーターのような都合よく使える人材を長時間酷使するようになります。

少ない人員をこき使った方が経済的ですからね。

まぁ人を雇おうとしても、単純に応募がなくて人を増やせないというのがありますが…。

フリーターはぬるま湯というのもそうなのですか、そうやって長時間働かされる傾向も、フリーターを抜け出すに作っている原因の1つです。

 

あなたの職場も人手不足で、

  • 休日出勤が増えた
  • 残業時間が増えた
  • 辞めたバイトの穴埋めをさせられる機会が増えた

などのしわ寄せが来ているのではないでしょうか?

 

抜け出すには転職支援サービスを利用

実は私も、そうやってフリーターなのに激務な生活をしていたことがありました。

最初に入った会社が激務薄給の会社で、転職しようにも活動する時間が取れませんでした。

 

薄給だったので貯金もろくになく、「バイトでもしながら転職活動するか」と考えたことがきっかけだったのですが…。

人手不足の会社でバイトを始めてしまい、シフトを沢山入れられ、なかなか転職活動する時間が取れなかったのです。

そして、あなたのようにフリーターを抜け出せない状態になってしまったんですね。

 

ですが、そんな状況からフリーターを抜け出すことができたのが、転職エージェントのおかげです。

転職エージェントは、「忙しい社会人のために、仕事を探して紹介してくれるサービス」です。

最近は人手不足の会社も多く、正社員でもなかなか集まらない人材が増えています。

「エージェントなんてフリーターの俺は利用できないよ」なんて諦める必要はありません。

 

私も当時は転職活動の経験なんてほとんどありませんでしたので、エージェントに履歴書の書き方や職務経歴書の書き方を指導してもらうことで、何とかフリーターを抜け出すことができました。

特にフリーターの方は、「今の生活を抜け出す』と思いながらも、ぬるま湯の今の生活に流されがちです。

本気で今の生活を抜け出したいのであれば、こういった形で他人を巻き込んだ方がいいと思います。

私がエージェントを利用して正社員になった顛末についてはこちらで書いていますので、参考にしてください。

⇒正社員の仕事辞めてとりあえずバイト!?フリーターにならずに済む方法は?

 

特に、自分に甘いという自覚がある人であれば、そういった形で人の目を入れることで行動できるようになると思います。

人に見られていたら、なかなかサボりにくいですからね。

結果的にフリーターを抜け出す期間も短縮できるでしょう。

 

フリーターは長く続けるほど不利

残念ですが、今のフリーターの職歴がどれほど続いたとしても、転職活動でアピールできる職歴にはなりにくいです。

 

まだまだ、「フリーターなんて無職と同じ」なんてことを言ってくる会社が多いですからね。

我が国の非正規雇用は、既に4割を突破してしまったんですけどね…いまだに旧態以前とした価値観の会社が多いのです。

 

フリーターとなると、単純作業的な仕事しか任せられない傾向にあります。

だから人を使う経験などは得られませんので、転職活動で企業から評価される職歴とはみなされにくいのです。

契約社員や派遣社員ならまだ見る目も変わってきますが、アルバイトとなると「高校生とか、学生がするもの」と思われていますからね。

つまりは、「学生ができるレベルの仕事しかしていない」とみなされてしまうのです。

 

フリーター期間がどれだけ伸びたところで、不利になりこそすれ、有利になることはありません。

有効求人倍率が高い今のうちに、抜け出せるような努力をしておくことをお勧めします。

 

今はかなり仕事が見つかりやすい

そうは言いましても、今はフリーターでも仕事が見つかりやすくなっています。

といいますのも、人口減少、労働人口の減少によって、有効求人倍率が高止まりしているからです。

つまり働く人が減ってきていて、労働力が貴重になっているんですね。

私の周りでも、40歳を超えているのに最近フリーターから正社員に就職した人がいます。

 

ですが、この人材難がいつまで続くかはわかりません。

これからはずっと日本の人口と労働人口が減少していくことは確実ですので、長期的なトレンドとしてはこの傾向はずっと続くでしょう。

ですが、2020年の東京オリンピックが終わったら日本の景気は冷え込むと予想している人も多いですので、これからどうなるかわかりません。

 

仕事が探しやすい、今のうちにフリーターを抜け出す努力をしておいたほうがいいかもしれませんね。

今のうちならば、フリーターのあなたでもかなりいい会社に入れる可能性があります。