正社員の仕事辞めてとりあえずバイト!?フリーターにならずに済む方法は?

「転職活動の時間取れないから、仕事やめてバイトでもしながら探すか…」「正社員の仕事を辞めてとりあえずバイトでもするか…」とお考えの方へ。フリーターにならずに済む方法は?

転職活動は会社を辞めてからでも大丈夫!?退職後の転職活動の進め方は?

 

  • 仕事が忙しいから辞めてから転職活動しようかな…
  • 今の仕事をしながら転職活動の時間なんて取れない!

 

そうお悩みの社会人の方は多いと思います。

 

最近は人手不足の会社が多いこともあり、社員1人に長時間労働を強いる傾向にあります。

最近は正社員の募集でも、なかなか人が来ないケースが多いらしいですからね…。

必然的に、今いる社員で回さざるを得ず、会社員の方はなかなか自分の時間が確保しづらくなっているのです。

 

ですが、そんな感じですと在職中に転職活動ができず、「会社を辞めてから転職活動するか」という考えになってしまいがちです。

ですが、そんなことをしても大丈夫なのでしょうか?

 

退職後の転職活動はデメリットがいっぱい!

一般的な話になりますが、会社を辞めてから転職活動するのはデメリットがたくさんあります。

 

  • 一旦無職になるとダラけてしまう
  • 経歴に空白期間ができてしまう
  • 転職活動で「無鉄砲に会社を辞めたやつ」と思われる
  • 給料が振り込まれなくなって生活が苦しくなる

等々。

 

貯金があるのであれば、給料がなくなったとしても何とか生活ができるでしょう。

自己都合退職でも、3ヶ月出せば失業給付がもらえますからね。

ですが、空白期間ができてしまうのは大きいですね。

 

「辞めてからすぐに転職活動する」と気合を入れて会社を退職する人は多いのですが…。

その後無職になった解放感からか、ダラけてしまう人が多いような気がします。

 

空白期間ができてしまうのも大きな問題ですね。

空白期間ができると、書類審査で落ちやすくなってしまいます。

「今の会社より良い会社に行きたい」というのであれば、結構不利になる要素かもしれません。

 

 

時間がないなら転職エージェントを使うのもアリ

在職中に転職活動の時間を取れない方は、転職エージェントの利用を検討しましょう。

「転職活動の時間が取れない忙しい社会人の方のために、代わりに仕事を探して紹介してくれるサービス」です。

 

私も毎日12時間以上働かされるブラック企業に勤めていたときは、とてもではないですが転職活動する気力も湧きませんでした。

毎日長時間働かされて、休日出勤もさせられていると、そんな気力はとても起こらないですよね…。

転職エージェントを使えば、最初の条件にマッチした仕事を探して紹介してくれます。

 

面接のセッティングから、忙しい方は交渉次第で土曜日や日曜日に面接を入れてくれることもあります。

「転職活動は辞めてからじゃないと時間的に無理かなぁ…」みたいな方のためのサービスですので、積極的に利用していきましょう。

 

辞めてから探す場合、だらけないように短期決戦で

しかしそうは言いましても、エージェントなどのサービスを使っても、今の仕事しながら次の仕事も探すというのは結構難しいです。

特に要領がいい人でないと、両立することは難しいでしょう。

その場合は、諦めて辞めてから転職活動するのも仕方ないと思います。

 

ですが、その場合は短期決戦で次の職場を見つけられるようにするべきです。

やはり無職期間が延びてしまいますとだらけてしまいますし、一度だらけてしまうとエンジンをかけるまでに時間がかかってしまいます。

具体的には、「3ヶ月以内に次の仕事を決める!」みたいに決意することです。

そして、一日一日を無駄にしないように、スケジュールを詰めていきましょう。

 

というか、今の会社を退職する前の有給消化の期間中には、既に行動を始めている必要がありますね。

そのぐらいのスピード感がなければ、転職活動辞めてから行うのは難しいでしょう。

私自身の経験もそうですし、私の周りの人も「少しゆっくりしてから次の探すか」などと考えて油断してしまい、つい無職期間が延びてしまった…みたいな人は結構いるからです。

特に自分に甘い自覚があるのであれば、最初からちゃんとスタートを切って活動できるようにしておくべきです。

 

お金がない人の場合はお勧めしない

中にはろくな貯金もなく、「とりあえずバイトでもしながら探すか」みたいな人もいるかもしれません。

ですが、これはお勧めできません。

私も以前そう考えてバイトしながら転職活動していたことがありますが…。

 

最近はバイトなんてどこも人手不足ですし、「とりあえず週4日ぐらい働きながら転職活動するか」などと思っていたとしても、もっとシフト入れられてしまうに決まっています。

というか、私がそうだったんですが…。

断固として断るつもりでも、職場のバイトの人員なんて今はなかなか集まりませんから、必然的にシフトを多めに入れられることになってしまいます。

 

そうなると転職活動も長引きがちですし、そうなるとフリーター期間も伸びてしまいます。

一般的にフリーターの期間なんてのは企業側にとっては無職と同じような扱いを受けます。

転職活動にマイナスになることはあっても、プラスになることは少ないでしょう。

 

そのあたりの顛末についてはこちらに書きましたので、参考にしてください。

⇒正社員の仕事辞めてとりあえずバイト!?フリーターにならずに済む方法は?

 

 

なので、最低3ヶ月以上は生活できる貯金を持ってからやめるべきです。

退職後に住民税や国民年金、国保の支払いなどもあることを考えたら、貯金はもっと必要でしょう。

そうなると貯金の目減りは避けられませんので、可能な限り在職中に何とか仕事を見つけられるようにしたほうが賢明だと思います。